2015年12月16日水曜日

医学界も注目、ファスティングの健康効果

医学界も注目 ファスティング効果の研究

婦人画報2015年8月号
2015年8月

婦人画報掲載 大学等で研究されたファスティング効果

不調を感じたらまず断食を

老化と万病は食べすぎで起きています 。
現代人にこそ必要というファスティングの重要性とその効能、なぜファスティングが必要なのでしょうか。

ファスティングとは
トップアスリートやハリウッドスターが率先して取り入れている健康維持のメソッドがファスティング(断食)

アメリカの大学や研究所でのファスティングの研究成果が掲載されています。

ファスティング健康効果 年代/研究チーム

  • 炎症を抑える 2015年/イェール大学(アメリカ)
    • 少食や断食を行った際に生成されるBHB(βヒドロキシ酪酸;ケトン体の一種)が、2型糖尿病やアテローム性動脈硬化、アルツハイマー病などのさまざまな炎症性疾患に関与する、タンパク質の一部「NLRP3」を抑える。

  • 血中コレステロールを下げる 2014年/インターマウンテン医療センター(アメリカ)
    • 定期的な断食により、糖尿病予備軍の人の血中コレステロール値が6週間後に12%減少、体重も平均1.3kg減少。

  • 免疫機能を守る 2014年南カリフォルニア大学(アメリカ)
    • 3日間の断食が、化学療法による免疫機能への悪影響と、加齢による免疫系の変化の両方から身を守ることを発見。追加試験により、インスリン様成長因子(IGF-1;がんの増殖に関与)の血中濃度を低下させることも発見。

  • 糖尿病や循環器疾患のリスクを下げる 2013年アストン大学(イギリス)
    • 断続的な断食(1日おきか週に2日)が2型糖尿病の肥満・過体重患者における減量に役立つほか、循環器疾患のリスクを下げることを発見。

ファスティングがもたらすリセット&デトックス8つのメリット

  • 有害物の排出デトックスや免疫力アップ、脂肪燃焼(ダイエット)について
    • 内蔵を休ませる
    • 味覚や嗅覚が鋭くなる
    • 肺がきれいになる
    • 肝機能が改善する
    • 免疫力がアップする
    • 有害物を排出する
    • 大腸がきれいになる
    • 脂肪が燃える


医学界も注目、ファスティングの健康効果

婦人画報 ファスティングプレミアム
体に必要な栄養素を摂取できる酵素ドリンク
岡山吉備高原の契約農家によるオーガニック栽培を中心とした75種類の野菜と果物、モンゴルの乳酸菌を使用。防腐剤、合成保存料等不使用。
ファスティングプレミアム

婦人画報2015年8月号№1345

婦人画報公式サイトはこちら

婦人画報2015年8月号

掲載内容など詳細は紙面にて
婦人画報2015年8月号

ファスティング情報 

はるな愛さんお腹ぺたんこのファスティング酵素ドリンク
ファスティングとは
ファスティング効果
ファスティング体験記
ファスティングガイドブックファスティングの方法
夫婦で楽しむ、ファスティング入門

0 件のコメント:

コメントを投稿